qt

詩篇 33:1~22
33:1 正しい者たち主を喜び歌え。賛美は直ぐな人たちにふさわしい。
33:2 竪琴に合わせて主に感謝せよ。十弦の琴に合わせてほめ歌を歌え。
33:3 新しい歌を主に歌え。喜びの叫びとともに巧みに弦をかき鳴らせ。
33:4 まことに主のことばは真っ直ぐでそのみわざはことごとく真実である。
33:5 主は正義と公正を愛される。主の恵みで地は満ちている。
33:6 主のことばによって天は造られた。天の万象もすべて御口の息吹によって。
33:7 主は海の水をせき止めて集め湧き出る水を倉に納められる。
33:8 全地よ主を恐れよ。すべて世界に住む者よ主の御前におののけ。
33:9 主が仰せられるとそのようになり主が命じられるとそれは立つ。
33:10 主は国々のはかりごとを破りもろもろの民の計画をくじかれる。
33:11 主のはかられることはとこしえに立ちみこころの計画は代々に続く。
33:12 幸いなことよ主を自らの神とする国は。神がご自分のゆずりとして選ばれた民は。
33:13 主は天から目を注ぎ人の子らをすべてご覧になる。
33:14 御座が据えられた所から地に住むすべての者に目を留められる。
33:15 主は一人ひとりの心を形造りわざのすべてを読み取る方。
33:16 王は軍勢の大きさでは救われない。勇者は力の大きさでは救い出されない。
33:17 軍馬も勝利の頼みにはならず軍勢の大きさも救いにはならない。
33:18 見よ主の目は主を恐れる者に注がれる。主の恵みを待ち望む者に。
33:19 彼らのたましいを死から救い出し飢饉のときにも彼らを生かし続けるために。
33:20 私たちのたましいは主を待ち望む。主は私たちの助け私たちの盾。
33:21 まことに私たちの心は主を喜び私たちは聖なる御名に拠り頼む。
33:22 主よあなたの恵みが私たちの上にありますように。私たちがあなたを待ち望むときに。

 

詩篇33編は神様を賛美しなければならない理由について歌っています。詩人は神様を賛美せざるえない信仰を告白しているのです。その告白には内面的な悟りの過程があると思います。賛美をささげるのは、人間には持っていないものを持っておられる神様に対する尊敬と愛の表しです。

 

賛美の理由、その一つ目は神様は正しく、真実で、慈しみ深いからであります。二つ目は神様が万物をお造りになった創造の能力を持っておられる方だからです。三つ目は神様の摂理の中で歴史を統べ治め、救いを成し遂げる方だからです。

 

詩人がこれらの神様の属性を告白して賛美しているのは、自分にはそのようなものがないということを知っているからです。自分には愛も慈悲もなく、自分は創造主ではなく、被造物であり、一寸先も見通せなく、自分で自分を救うことができません。それを知っています。神様への賛美は、この知識に基づいています。造られた私が神様の愛によって救われたことに気づいたので、神様を賛美せざるを得ません。

답글 남기기

Your email address will not be published.

Post comment